タチキカラ

2014年に木こりの杉野さんと意気投合して始まった「タチキカラ」。

中々UPできませんでしたが 2年半という時間をかけて続々家具が完成してきましたのでこれまでの経緯を含め何回かに分けてUPして行きますので是非ご覧ください。
はやる気持ちを抑えつつ、本来必要な時間をじっくりかけて楽しんで(これは私だけかも・・・?)ものつくりを皆さんと一緒に取り組みました。

先ずはMさんのテーブルづくりです。
①新月に向かう時期に山で木材を一緒に選んで木こりさんと伐採します。
②山で葉っぱを付けたまま半年ほど乾燥。
③つくるものに合わせて一緒に考えながら製材し板にします。
④木材を乾燥させます。(天然乾燥してさらに低温乾燥、1~2年)
⑤その間につくるものの詳細を一緒に考えていきます。
⑥家具を製作。一部は一緒に

MさんがFBで詳しくUPしてくれてますのでシェアします。
是非こちらもご覧ください。
今年もタチキカラ募集します!

——————————————–

日曜日、ついにテーブルがやってきた(≧▽≦)

野木村さんと3人で最後の仕上げ。野木村さんオリジナルのメンテナンスオイルを塗って、布でこすってすりこむ。

2時間ほどかけて……。かーんせーでーーーーーす。

3年前には山の中に立っていた木。縁あって、テーブルとイスになって我が家にやってきた。木を植えてくれた人、その木を育ててくれた土、 その木をずっと包んでいた空気、森を管理して切ってくれた人、 製材してくれる人、作ってくれる人と、 関わるものすべてを知り、感じることができるテーブルとイス。

安藤さん、お父さんと一緒に木を植えてくれてありがとうございました。

杉野さん、相方とわたしで選んだ木を伐ってくれて、そして製材してくれてありがとうございました。

野木村さん、「こんな感じに」「ここはこうしてほしい」っていう思いつき、全部形にしてくれてありがとうございました。

使っていくうちにシミもキズもいっぱいできると思います。でも、それも含めて愛着を感じつつ、大切に大切に使います。

て言いつつ、まだもったいなくてここでご飯食べてない(^^;

Scroll Up